サーバーリプレースを検討中ですか?

01

サーバーリプレースとは

サーバーリプレースとは

ファイルサーバを利用している組織は多いですが、どのようなサーバーでも、ある一定期間を過ぎるとサポート期間が終わったり、故障したりするなど機械なので起こりうることですよね。

日本では、複数年契約でファイルサーバを利用することが多いようです。そうするとその契約期間がすぎるとき、いわゆる「更改・リプレース」で新しいファイルサーバに更改してさらにむこう複数年の契約を締結して利用したり、もしくは昨今ではクラウドに移行することも多くの組織で選択肢の一つとなっています。

さてこのページをご覧いただいている皆様も、そのようなキーワードでたどり着いたのでしょうか。このページでは、日本だけではなく世界のお客様の対応の中から培ったNorthernの考えやNorthernでお手伝いできることをご紹介します。

02

ファイルサーバかクラウドか

ファイルサーバかクラウドか

ファイルサーバ維持のコストと労力を鑑み、クラウドに移行する組織が増えています。オンプレミスのファイルサーバ、クラウド、どちらもメリットデメリットがあると思います。

一時期はトレンドのようにすべてクラウド移行を目指す組織が多かったのに対し、最近では、クラウドに移行するデータと移行しないデータをわけてハイブリッドで体制をつくる組織も多くなりました。

また、世界のお客様動向でもそうですが、昨今、日本でもクラウドでも保存先がどこにあるのかを気にされ、国産クラウドを希望しているお客様もいるようです。背景には、各国のデータ開示の法律や、セキュリティなどの理由があるようです。

IT Mediaの記事によると、IDCの調査で「クラウドは高い」「初めからクラウドを使わないという選択」などの理由により、脱クラウドの流れも見られるようです。

世界のお客様の中でも、いったんクラウドサービスを導入し、すべてのデータを移行したが、コスト削減のはずが想定していたよりも逆にコストがかかってしまったため、オンプレミスインフラに戻すお客様も多いです。

ただ、クラウドサービスからオンプレミスへの全面的に戻るわけではなく、ハイブリッドで両方使用する形を選ぶ動きが出てきました。

ここ数年の動きとしては、初めは「何でもとりあえずクラウド移行」が前提、という潮流から少し落ち着いて、「決定前に両方のメリットデメリットを冷静に検討し、結果ハイブリッド」に落ち着くというパターンが多いと見受けられます。

上記のように、ファイルサーバやクラウド、混在環境、ハイブリッド環境など色々あることを鑑み、Northernではファイルサービスと呼んでいます。保管先がファイルサーバでもクラウドでも、サービスとして社内提供されているのでファイルサービスです。

そしてNorthernはそれがファイルサーバーかクラウドかなど保管先にこだわらず、どこにどのようなデータがどのように保管されているのか、お客様自身が把握するデータ管理を推奨しています。

03

タイミング

更改のタイミング

日本で一番多いタイミングとしては、ファイルサーバの複数年契約が切れるタイミングに検討されているようです。例えば5年、7年等で全ての契約を一新するパターンです。

もしくはそれを念頭に置いて実際の契約更新の数年前からクラウドを検討するお客様もいらっしゃいますし、また大規模環境ですと、移行するにしても長いスパンで数年プロジェクトとして徐々にデータ移行するお客様もいらっしゃいます。その中で、クラウドに移行しないデータの一部を新しいファイルサーバに移していきます。プロジェクトは長期的に見直され、慎重に進めることが要求されるようです。

04

ポイント

データ移行のポイント

サーバーリプレースなのかクラウドに移行するのか、どちらの場合においても大切なことは、不要なデータを新しい環境に持ち込まないようにすることが大切です。この機会に組織内のデータを見直し、整理整頓したうえでリプレースにうつることをお勧めします。

例えば、私たちが新居に引っ越すとき、もう読まない本、使わないおもちゃ、新しい家に不要な家具類、もう数年前の資料で情報が古くなっていつか整理しようと思ってたような資料・紙類などは、この必要かどうかを再確認し、不要と判断したら処分しませんか。

データに関しても同様です。10年前のデータで、作成者は既に退職している、そのデータは使わないし、何のためにこれまで保管してきたかわからない。このようなデータも新しい環境に移行したら、紛らわしいし、逆に場所だけとってリスクがかかりますね。。

また以下のような観点からもデータの整理整頓は推奨されます。

データ保護
データがそもそも適切なところに保管されているのかを確認することが必要です。

脱炭素・カーボンニュートラル
データの整理整頓で脱炭素に貢献することもできます。最近のサーバーリプレースや環境のご提案にエコ視点が関心を呼んでいます。お客様への提案でも脱炭素の視点も加えて一歩先のデータ管理ご提案はいかがでしょうか?

05

Northernが提供できること

Northernが提供できること

Northernはお客様にデータの整理整頓をお手伝いしています。不要なデータをそのまま移行すればコストは余計にかかりますし、もしセンシティブなデータであれば不要なのに移行することで、余計なリスクを負うことにもなります。

データ移行サービス

例えば以下のようなお客様事例にもあるように、Northernではデータ移行のお手伝いをしています。

お客様事例- 移行期間を大幅短縮

Northernは、A社(グローバルに展開するファストファッションの大企業)が、データセンターと80台以上のグローバルなWindowsファイルサーバーを新しいプラットフォームへ移行するお手伝いをしています。

彼らは、Northern社のお手伝いによって、この移行を18~20ヶ月ではなく12ヶ月で完了できると見積もっています…これは30~40%速く、コストも低くなり、より安全な移行になりました。

過去にA社で同様の移行を2回行ったチームが、Northernの(大きな)インパクトについて、以下のように評価しています。

  1. 移行するファイルの数とデータ量を減らせた。
  • アクションプロポーザルと隔離によるターゲットクリーンアップで、1億以上のファイルを削除した。
  • レガシーグループ共有、放置されたホーム共有、Outlookのデータファイル、仮想マシンのリソースファイルなど、すべてがターゲットにできる
  1. 権限分析により、移行用アカウントに必要なアクセス権を確保できた
  2. ファイル共有のアクティビティを分析することで、アクティブな共有と非アクティブな共有の扱いが異なり移行計画のための貴重な情報であることが判明した。
  3. データユーザーの移行を準備し、ビジネスへの悪影響を回避するためには、所有権を確立することが重要 – Northernは、ファイル所有権や権限情報を提供し、この点で非常に役立っている。

大きなポイントだけで、移行するデータが減ったことで単純にコスト削減、必要なアクセス権を確保しリスクも軽減できています。さらに、これらのプロセスから今後何を重視してアクションすべきなのかも課題も見えてきました。

全体的には移行プロジェクトの大幅短縮によって、貴重なリソースがほかのプロジェクトに振り分けられますし、それによって一人一人が効率よく働くことが出来ます。

移行中、Northernは進捗状況を監視し、問題を迅速に特定することを可能にします。移行が完了した後も、Northern社のソリューションはファイルサービスの利用状況を継続的にフォローアップし、この組織のすべてのファイルストレージプラットフォームにおけるリスクとコストを最小化するのに役立つことでしょう。

こちらの事例について詳しく知りたい方はこちらのリンクをご覧ください。

Northernの提供したサービスについて詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

Northern Parklife icon

Let’s take control over your data management

We accelerate the goals of growth stage companies by providing the expertise and experience they need to hit their next stage of growth faster.
Contact Us