ファイルストレージ(「ストレージの管理」)からファイルサービスへの転換

そろそろストレージの中をどう管理するのかではなく、サービス志向のインフラストラクチャに移行することも考えてみませんか。そうすることで、IT機能は実用的なビジネスニーズと沿うようになります。言い方を変えると、IT部署もあなたの企業のDXやコアビジネスに貢献することができるようになります。

ファイルストレージからファイルサービスへの移行には、ビジネスの課題を理解し、また解釈する能力が必要です。その課題は、現在のストレージ環境の使用状況に関して収集された情報に基づいて認識されます。それは、サービス使用ポリシーの定義と連携して行わなければなりません。つまり、サービスの消費者自身が、その他の関連ステークホルダーと同様に、データガバナンス、データ保護、コンプライアンスを監視して自らデータを保証できるようにします。成熟したクラウドとコラボレーション技術を活用し、既存のITSM、HR、課金ソリューションと統合して作業単位を排除する必要があります。

ファイルストレージをサービスとして設計して提供することは、ITを分離サイロから統合コアビジネスイネーブラーに変える重要なステップです。

Useful Resources

データ保護

ある作業がたくさんのチームで共有されると、データ保護の義務や責任の所在が曖昧になります。そのため、クラウドのストレージおよびコラボレーションプラットフォームの使用状況を監視する能力を持つことが重要です。

IT 管理

サービス提供モデルの採用により、ITと組織との関係が変わります。サービス利用者がデータ管理責任を負うことになります。

ストレージ管理

ストレージ管理: 組織内にストレージの利用状況についてセルフサービスアクセスを多くの人に提供することで、IT部門が関与しなくても、それぞれがデータ管理の責任を果たすことができます。

ビジネスユーザ

厳格なサービス使用ポリシーを遵守する必要がある場合、そのコンプライアンスに沿っているか確実に確認する方法を探します。

Northern Parklife icon

Let’s take control over your data management

We accelerate the goals of growth stage companies by providing the expertise and experience they need to hit their next stage of growth faster.

組織のデータが、適切なサービスに保管されていると確信できますか?

より多くの組織がサブスクリプションなどのサービスデリバリモデルへ移行するようになってきています。そこでは、ファイルストレージは、変わりゆくビジネスニーズを満たし、新しい技術を利用するようにデザインされ、再配置されます。注意すべきは、そのプロセスの中でデータ保護の機能に新たな課題が生じる可能性があるということです。

クライアントデータがクラウドサービスに保管されるようになると、 自組織、サービスプロバイダ、また、作業の請負者との間でデータ保護の責任の範囲が曖昧になることは、多々指摘されています。Northernではさらに一歩踏み込んで、データがその結果誤って管理されてしまうことによるリスク発生を懸念します。

オンプレミスとクラウドベースの両方を並行して利用する場合、特にデータ損失に気を付けなければなりません。 従ってアクセス権(アクセス許可)、データの分類、所有権、および配置は、継続的に見直し、維持する必要があります。

ビジネス記録、クライアントデータ、職員個人のデータ、ワーキングファイルなどのさまざまなインフラストラクチャに合わせて必要なセキュリティレベルを提供するには、ファイルサービスでデータ保護機能がどのように働いているのかを理解する必要があります。 例えばユーザが「何を」保管しているか、またそれを「どこに」保管しているかということです。データの保管の現状把握せずにデータ保護が出来ているのかを確認することはできません。

個人情報の保管

例えばあなたの組織がお客様や自社社員含む個人情報の保管をどうしているのかご存知でしょうか。集めた個人情報を、必要最低限ではなく、保持する必要がない情報を必要がない年数保管していませんか?万一それが情報漏洩してしまったらその影響は計り知れません。そのような不幸なケースも多々ニュースでみかけます。

今の時代、個人情報の保護は非常に重要です。そのような情報データがどこにどのように保管されているのか、安全に適切な保管の仕方なのか確信を持っていますか?またそれらの大切なデータがコピーされてどこかほかに保管されていないか、誰がアクセス可能なのかについて、継続的に見直す必要があります。個人情報保護法も施行されている今日、自分事ととらえてデータプライバシーについて取り組んでみませんか。

 

Northern’s Solution

Northernの 情報ガバナンスとコンプライアンス(Information Governance and Compliance)のソリューション・エリアでは、非構造化データフットプリントで概要レベルと詳細な両方の可視化が得られます。 ファイルの分類は、メタデータフィルタリングまたはテキストマイニングを使用して、プログラムによってでも、データ所有者による手動でも実行できます。 サービスタイプごとに、ファイルの場所は潜在的なリスクの即時分析を提供し、正確かつ目的のアクションを実行することを可能にします。

このソリューション・エリアは、実行状態を継続的に維持する能力も提供します。データ保護分析を頻繁に更新することで、新たに発生するリスクを迅速に特定し、使用状況を安全な状態に戻すことができます。

The benefits

ファイルサービスの使用状況をマップし、インフラストラクチャのどこに何をユーザが格納しているか理解し、データ損失の脆弱性を守るために、ユーザを関与させる機能には、以下のような大きなメリットがあります。

  • 異なるサービスの使用方法に関するポリシーを定義し、現在の使用状況をそのポリシーにマッピングすることは、開発中のファイルサービス内でデータ保護を確立するための重要な第一歩です。
  • ポリシーが正しく実行されていることを確認すること、業務に対応するためにデータ保護基準を増やすべき領域があればそれを強調します。
  • 作成・使用されているファイルを最もよく知っているのは作成した当の本人ユーザです。データの分類にこれらのステークホルダーを関与させることにより、組織は、最も適した人に細かいが重要な決定を任せることができます。
  • ユーザの間で、データ保護に関する問題の認知度を上げます。ビジネスにファイル分類に参加するように依頼することで、ユーザは、いつファイルサービスを適切に使用すべきか(もしくは使用すべきでないか)を理解することができます。

セルフサービスのファイルサービスをお探しですか?

サービスデリバリモデルを採用することで、データ管理に関して、ITと組織内の関係が変わります。 プロバイダとして、ITはサービス自体のメンテナンスと継続的な改善に責任を負います。 そのサービスを適切に使用する責任は、そのサービスを使用する個々のビジネスユニットの手にしっかり任されます。

サービスユーザが、ファイルサービスを使用する方法を理解して管理する能力は、考慮すべき重要なポイントです。 ビジネスユニット、データスチュワード、および個々のユーザは、IT部門の介入がなくてもファイルサービスの適切な使用を保証するため、必要な情報とツールにアクセスする必要があります。

Northern’s Solution

Northernは、組織がITSMソリューションとの統合、サービス使用の請求、割り当ておよびセルフサービスのデータ管理など、ファイルストレージをサービスとして提供できるようにするさまざまな機能を提供します。

セルフサービスのデータ管理に焦点を当て, Northernの セルフサービス・データ・マネジメント(Self-Service Data Management)のソリューション・エリアでは、個々のユーザまたはグループに、そのチーム、または組織ユニットがファイルサービスを使用している方法に関する情報にアクセスできるようになります。 これらの分析は、概要からファイルレベルまで、データ管理責任の効率的な達成を可能にします。

The benefits

ビジネスユーザが、ファイルサービスの使用を積極的に管理できるようにすることで、そのサービスが効率的にコンプライアンスに沿った使用になるよう保証するための責任が再度強化されます。また、この非常に重要な作業を、それを実行するのに最適な人の手に委ねます。

  • サービス志向のITインフラストラクチャのコンテキスト内で、セルフサービスのデータ管理機能を提供することで、データの成長の制御、データのバリューの実現の改善、リスクの緩和など、データフットプリントをプロアクティブに管理する意欲が高まります。
  • ITリソースへのセルフサービスアクセスを提供することで、サービスデリバリモデルへの移行が強化され、複雑な変更管理プロセスの成果を上げることができます。
  • ファイルストレージのために異なるサービスレベルに加入している(そしておそらくその費用を支払っている)プロジェクトチーム、部門、組織ユニットには、これらのサービスの使用を管理する能力が必要です。 IT部門の直接のサポートなしにそうすることができれば、ユーザエクスペリエンスが向上し、IT運用コストが削減されます。
Contact Us
Contact Us