米国の金融サービス会社にてメールアーカイブの特定と削除

多くの組織と同じく、このお客様はデータの保存に関してクラウドファースト戦略を採用しています。 その戦略の一部はデータをM365に移動させます。共有フォルダがSharePoint Onlineに、個人フォルダがOneDrive for Businessに移動されました。さらに、メールをオンプレミスのExchangeサーバからExchange Onlineに移動しました。

メールを移動するプロジェクトを始めた際、多くの従業員が大きなPSTファイルを個人フォルダに保管していたことが明確になりました。新たな環境で必要以上にスペースを取り、無駄なセキュリティリスクを生み出さないためにこれらのファイルを削除することにしました。

お客様は既にNorthernのソフトウェアソリューション(NSS)を使用していたので、このプロジェクトに対してNSSの機能を利用することが簡単な決断できました。 Northernは、ファイルシステム内の全てのメールアーカイブファイルを見つけるように事前準備された構成パッケージを提供いたしました。 環境に散在するPSTファイルが21,652個見つかりました。 2021年1月1日より前に作成された全てのPSTファイルを削除することが決断されました。そして、わずか2週間でPSTの数が564ファイルに減少しました。これは97%以上の減少に当たります。

Northernのソリューションを使用して、お客様はPSTファイルを見つけて削除することだけでなく、進行状況を追跡し、データの削除を法的に検証することができました。

このお客様の次のプロジェクトは、同じ実証済みのプロセスを使用し、冗長なデータベースファイルを特定してから、軽減することです。

会社について

約100年前に設立され、現在、19州をかけて100万人以上の顧客を抱えています。 4千人の従業員が、様々な保険(自宅、自動車、生命など)と同様に退職後の計画を含む投資アドバイスを顧客に提供しています。

詳しくお聞きしたい方

喜んでソリューションのウォークスルーを見せしますので、弊社までお問い合わせください