サクセスストーリー

Northernは、世界中のさまざまな組織にユーザーデータ管理ソリューションを提供しています。 お客様によってのニーズと目標が異なる場合がありますが、それらにはすべて共通することが1つあります。それは、ユーザーが作成するデータ、つまり非構造化データに関連する課題です。

株式会社ルネサンス 様(日本)

“リスクを軽減するためにデータを管理する”

この日本のフィットネスクラブチェーンでは、各支店が独自のデータを管理します。適切なツールがなかったため、データと共にリスクが蓄積されていました。

ルネサンス様が、会員・支払い情報を含むファイルの発見や、容量制限などを使うことにより、データクリーンアップの実現方法を以下のリンクで詳しく説明します。

続きを読む

シダックス株式会社 様(日本)

“使用していないファイルや、急激にデータ量が増大したファイルなど様々な観点からの見える化を具体的に”

シダックス様が、複雑なファイルシステム上、データの増加を防ぐため、NSSを使用して簡単に各階層に容量制限を実施できたことについて以下のリンクで詳しく説明します。

続きを読む

株式会社リコー 様(日本)

“フォルダ階層を問わないストレージ管理が、データ運用の最適化を推進しています。”

リコー様が、ファイルサーバを集約した際に、容量の上限設定が行えるクォータ機能でデータ容量の増加を管理・抑制。また、階層を気にせずフォルダ単位で使用状況を確認できる可視化で、適正なストレージ管理が可能となった状況を、以下のリンクで詳しく説明します。

続きを読む

金融サービス会社 様(米国)

“クラウドサービスに移行する前に、古いメールアーカイブを発見して削除する”

Microsoft 365に移行する前に、そのメールアーカイブの大部分を迅速かつ簡単にクリーンアップするために、Northernのソリューションをどのように使用したかについて説明します。

続きを読む

銀行の投資管理支社 様(英国)

“データの分類と隔離による規制遵守の向上”

このケーススタディでは、Northernのソフトウェアを使用し、大手銀行の一部門である投資管理会社がリスク態勢を大幅に減らすことができた方法を概要レベルで説明します。

慎重に考えた取り組みにより、ファイルデータのフットプリントによるコンプライアンスリスクを劇的に軽減することができました。 大量のデータは分離され、ロックダウンされました。アクセスは可能ですが、最終的な削除のためにアクセスが制御されました。

続きを読む

大手銀行 様(カナダ)

“クラウドベースのストレージソリューションに移行するという銀行の計画に基づいて動く”

カナダ最大の銀行の1つであるC銀行は、未来に向けた革新とビジネスの簡素化を含む、顧客重視の戦略にフォーカスしています。 しかしながら、銀行のデータストレージ管理プロセスでは、これらの観点からの優先事項が欠落していました。 非常に詳細で戦術的なレベルで構成されたコントロールシステムは、逆に管理の複雑さを増し、ユーザーの効率を低下させていました。

Northernとの提携により、同銀行はユーザーデータ管理を通じて目に見える改善を実現しました。

ケーススタディをダウンロードする

タレス・アレーニア・スペース(Thales Alenia Space)様(仏)

“ユーザー生成データの成長を少しだけ遅らせることができれば、長い目で見て大幅な節約ができることを意味します”

Thales Alenia Spaceにとっての最大の課題の2つは、データを長期間保存する必要があることです。時には数十年もの間、データの平均成長率が前年比35%であるという事実もあります。 データの管理が重要になる状況ということでした。

Northernと一緒に、タレス社がどのように成長率をわずか10%にまで下げたのかについての詳細をお読みください。

ケーススタディをダウンロードする

イェーブレ市(The Municipality of Gävle) 様 (スウェーデン)

“主な目的は、お客様に保存するデータの量、コスト、およびそれらのコストに影響を与えることができるかどうかについて、お客様の認識を高めることです”

The municipality of Gävle は従業員がさまざまな職務や地理的場所に分散しているという課題に直面しています。 さらに、自治体のデータの増加は大きく、IT部門と他の自治体の部門の両方は、保存されたデータが実際に何を表すかについてのインサイトが限られていました。

イェーブレ市が各部門にツールを提供し、独自のデータを管理する責任をどのように与えているかをお読みください。

ケーススタディをダウンロードする

クリシャンスタード市(The Municipality of Kristianstad) 様 (スウェーデン)

“NSSは、安全な運用と持続可能な開発の両方を確保するために必要な、ユーザーが生成したデータをコントロールできます”

The Municipality of Kristianstadは、年に50%以上の成長率で、ユーザーが生成したデータをクリーンアップし、市のユーザーの行動を変更する必要性が急務でした。特に、データを新しいハードウェアプラットフォームに移行しようとしていたためです。

Northernがどのようにクリスチャンスタッド市町村が必要なデータのインサイトを得るお手伝いをしたか、またエンドユーザーに自分のデータをクリーンアップするために必要な情報を提供するツールについて是非お読みください。

ケーススタディをダウンロードする