エンドツーエンドのデータ管理

データの見える化

オンプレもクラウドも利用状況を可視化して、利用状況の解析は様々な観点から実現!

様々なプラットフォームに対応

オンプレのNAS、クラウドのファイルサービス、またはExchange Onlineのメールボックスも見える化できます。

メタデータでの分類

どのような組み合わせでも解析ができます

  • 機密情報を含むファイル、
    巨大化ファイル、陳腐化ファイルなどの閲覧
  • ユーザ毎の利用状況の見える化
  • 重複ファイルの見える化

権限の見える化

セキュリティ強化にファイルシステムの権限管理を実現します

  • 管理者のアクセス
    不可能なフォルダ
  • 関係者でないユーザが
    アクセスできるフォルダ
  • 退職者の権限が残っているフォルダ

ファイル内の検索

情報漏洩を抑制するために、センシティブな情報や機密情報の保存先をテキストマイニングで解決します

  • 文字列検索:パターンマッチングも
    正規表現も
  • ワードリスト検索:機密情報や
    個人情報などに関する言葉のリストで
    一括検索
  • 近接検索:発見した複数の文字列の
    近接によりファイルの重要性を判断

解析結果の表示

使いやすいユーザポータルで根本的に課題を発見できます

概要レベルでも詳細レベルでも

  • グラフで利用状況の傾向を直ぐに理解
  • 詳しいファイルリストで不要データを簡単に発見
  • フォルダ毎・ユーザ毎・部門毎・会社毎の利用状況も分析可能
  • 他のソフトウェアと簡単に統合(RESTAPI、CSV出力など)

ユーザポータル

  • 既存のドメインアカウントでログインできる
    (AD連携)
  • それぞれのユーザの役割に沿った情報を提供
  • ポータル内の操作の完全な操作ログも含む

整理整頓を簡単に

ユーザポータルからのデータの整理整頓で、課題を解決しつづけるワークフローを実装します

ファイルアクション

  • GUIからファイルの削除、または移動やアーカイブにより、使いやすいワークフローが実現
  • ファイルのタグ付けにより実装すべきアクションの委任を簡単に
  • 全ての操作の監査ログも含みます

データ管理を委任して効率アップ

  • 様々な役割や部門に対しての可視化
  • データ所有者自身にデータ管理してもらえる
  • ポリシーの侵害を指摘し、ファイルアクションを促します

結果により制限を実装

  • 容量制限により急なデータ増加の抑制を実現
  • 保存できるファイルタイプの制限によりコンテンツをコントロール

段階的な改善

  • 各課題の重要性を簡単に判断し優先順位で解決
  • 即時に結果を達成し、長期的に情報セキュリティを強化

結果を短期的・長期的に達成

実装前と比較して成功度が明確になります

メトリックスで効果を
直ぐに理解

  • KPIとKRIを確立
  • 時間の経過に伴う改善を
    明確に

継続的に改善

  • KPIとKRIを基準として問題の
    再発を抑制
  • 再発すると簡単にアクションが取れるワークフロー

上層部へアクセスを提供

  • 利用状況や進捗を上位層にわかりやすく伝えます