ITシニアマネジメント

インフラ投資を保護する必要がありますか?

icon_ITmgmt定期的にインフラを更新することは、必要な移行および統合プロジェクトとしてファイルサービスの提供および継続的な開発の重要な部分な部分を締めます。インフラストラクチャに投資し、そのインフラストラクチャを稼働させるために必要な作業を実行したあとは、その使用をユーザ側にガイドすることが不可欠です。

Northern’s Solution

Northern は、実際のストレージの使用を意図した使用に合わせるために、さまざまな機能を提供することができます。 IT組織のシニアメンバーとして、ストレージインフラストラクチャの使用方法の分析にアクセスして、これらのうち、どのコントロール/ガイドのオプションを採用すべきか、またどのように最適な構成にするかを決定することは重要です。

Northernの 一元的ファイルサービス・マネジメント(Centralized File Service Management)ソリューション・エリアでは、組織内に存在する特定の課題を対象とするポリシーとワークフローの実装、そしてチューニングをガイドし、インフラストラクチャへの投資に対するリターンを最大限に引き出すことができます。

Benefits

ファイルサービスが、どのように使用されているかを理解する能力によって、IT部門のシニアメンバーは、インフラストラクチャへの投資に対するリターンを最大にするための情報に基づき、具体的な決定を下すことができます。

非効率的なファイルサービスの使用が一般的です。 これらの投資がどのように使われているかを理解することなしに、継続的インフラへ投資することは長期的な戦略とは言えません。
非効率的なストレージ使用の特定と修復をすることで、インフラストラクチャの寿命が延び、投資回避の機会を得ることになります。
過去の投資がどのように利用されているかを具体的に示す能力によって、新しい予算の議論に重要なインプットが提供されます。
非効率的な領域を公開し、この準最適な使用がもたらす影響を数値化することで、IT部門はファイルサービスの使用方法を管理するポリシーを実装するための、より広い権限を確保できます。