チーフデータオフィサー(最高データ責任者)

ROTで隠れてしまった価値あるデータ?

icon_CDO

組織内に存在する情報の潜在的な価値を効果的に実現するためには、チーフ・データ・オフィサーとして、蓄積されている情報の種類を強く理解することが必要です。確実な理解のためには、データ処理、データ分析、データマイニングなどの技術を使用する必要があります。これらのすべては、組織の非構造化データフットプリントを照会する能力があるかどうかにかかっています。

ファイルサービスの非効率的な使用、つまり余分で古くなったデータ(ROT)が蓄積すると、構造化されていない組織データの処理、分析、マイニングの能力が大幅に低下します。

Northern’s Solution

Northernは、ROTの識別と軽減に役立つさまざまなオプションをご用意しています。また、効果的に組織文化を適応させ、さらなるROT蓄積をプロアクティブに防止するワークフローの実行可能性を提供します。

Northernでは、データ蓄積の履歴を緩和しなければならない許容可能な実行状態に到達する初期の作業にフォーカスし、一元的ファイルサービス・マネジメント(Centralized File Service Management)分散型データ・マネジメント(Distributed Data Management)のソリューション・エリアを推奨しています。

BenefitsNorthern

大量のROTデータの識別と防御可能な削除は、非構造化データフットプリントのスキャンと分析を含むすべてのプロセスにおいて、メリットがあります。具体的には、以下の余蘊情報価値の実現と統合の努力に関連しています:

大量のファイルを低レベルで分析すると、時間が非常にかかってしまうことがあります。データフットプリントの純粋なメタデータベースレビューを実行し、このレビューを使用して、より小さなデータフットプリントで詳細な分析にフォーカスすることで、組織は情報価値統合プロジェクトの時間を大幅に短縮することができます。
非構造化データの詳細な分析を実行するための一般的に使用されるソフトウェアおよびサービスは、ほとんどの場合において、スキャンするデータの量に関連しています。最初のデータフットプリントを削減することで、即大きな効果を得ることができます。
ファイルシステムが明確で、容易なナビゲートがあり、古くて無関係なファイルが整理され、適切に維持されていれば、とてもシンプルにデータの価値を理解することができます。これにより、チームと組織の敏捷性が向上し、労力の重複が軽減されます。