ビジネス・ニーズ

Portal_BusinessNeeds

ユーザデータマネジメントでは、構造化されていない、またユーザが作成したデータに関連する課題と機会を取り扱います。インサイトとコントロールを提供する技術的および組織的統合ソリューションを使用することで、コントロールされて一貫性があり、守りが固い方法で、効率的にユーザデータを管理することが容易になります。

ユーザデータマネジメントの採用を促進する

ユーザデータマネジメントを、プロアクティブに導入しようとする組織の数は急速に増えています。 この理由としては、ますます取り締まりが厳しくなる環境や、組織が自身の生成しているデータを最大限に活用する必要性が高まっていること、および連続するハイプロファイルのデータ損失インシデントなどが挙げられます。

KPMG は、組織が取り締まりの厳しい環境からのプレッシャーに対して、ユーザデータマネジメントがどのように役立っているかを述べています。これは、すべての業界で適用可能ですが、特に財務や医療などの規制が厳しい分野では重要です。
ForresterKPMG は、データガバナンスの重要性がますます高まっていると述べています。 よりダイナミックで高品質なデータを意思決定プロセスに提供します。
CIO Magazineはダークデータの脅威について述べています。 法律、規制、知的財産、風評リスク、ならびに無制限に暴露されることへの脅威やそれに対応するための経費が含まれます。
The Compliance, Governance, and Oversight Council は、変革活動におけるデータマネジメントの重要性にフォーカスしています。 例えばファイルサービスカタログに、クラウドとコラボレーション要素を組み込むことなどです。
Gartner は、データセキュリティとコンプライアンスリスクの主要なみなもとである「Nexus of Forces」の推進で、データの成長が加速し続けていることに言及しています。さらに 組織文化自体も変革を必要とします。
Cap Geminiは、組織を横断したデータマネジメントを通じて、首尾よく確実に法令順守をしている組織の、その理由を説明しています。

ユーザデータをプロアクティブに管理することで、 論理フレームワークの使用を業務慣行の統合コンポーネントとし、企業は重要なビジネスの課題を実現し、価値を持続させることができます。

組織を横断したニーズとメリット

組織のさまざまな機能の中には、特定のニーズが存在しており、これらのニーズを満たすことで、様々な形のメリットが得られます。

非効率的なファイルサービスの使用を抑制する
組織化された、そして効率的なファイルサービスの利用によって、CDOやデータコンプライアンスチームから個々の職員まで、組織全体に利益をもたらします。
コンプライアンスとデータ保護の向上
組織のファブリックの一部としてコンプライアンスに沿ってデータ保護をすることは、この基本的なニーズに対して効率的なソリューションであると証明されています。
ライフサイクルを通じてデータを管理する
主に記録の管理または情報ライフサイクルガバナンスチームの責任ですが、複数の組織プロセスにわたり価値を提供します。
ファイルサービス使用のコストを配分する
組織の財務部およびIT部門にとって、サービス利用のための自動化された課金制度は、組織改革のための強力な動機付けになります。
ファイルストレージからファイルサービスへの変換
課題を整理することと、セルフサービス。 ITの役割をビジネスイネーブラーに移行し、財務の透明性を高め、ユーザエクスペリエンスを向上させます。

Northern は、非構造化データの大量作成、さらにそれらの保持によってもたらされる、コンプライアンス、ガバナンス、保護、効率についての課題に対し、統合されたソリューションを提供することにフォーカスしています。