個人ドライブ内の 組織とは無関係なデータ

個人ドライブ内の組織とは無関係なデータ の測定と把捉

通常、組織が各従業員に個人ドライブを提供します。このドライブには同僚と共有してはならない仕事関連の情報(給与と個人の開発情報、ドキュメントとプロジェクトのドラフト、完成した個人の仕事など)を保存できるように設定されています。ほとんどの組織は、上記のカテゴリに当てはまらないデータが個人ドライブに保存されていてもあまり気にしません。保存する動作を防止するコストと複雑さが大きいと予想するか、個人データを保存するのがユーザの特典と見なします。

個人ドライブに保存されているビジネスに無関係のデータの量をよく理解していない組織は多いです。家族の写真やビデオコレクションをバックアップすることがあります。合法的にダウンロードされた映画、テレビシリーズ、ゲームのバックアップや音楽も珍しくありません。

インフラストラクチャと管理コスト

組織にとって価値のないデータを格納および保護し続けると、時計な費用しかかかりません。個人ドライブのこの誤用を受け入れることを決定する場合、組織は、負担する追加のコストを理解すべきではあります。ビジネスに関連しないデータの量を公開する必要があります。

データ移行の複雑さ

多くの組織は、個人ドライブのプラットフォームとしてOneDriveおよびその他のクラウドベースのソリューションを採用しています。ビジネスに関係のない大量のデータを移行することになると、過小評価してはならない複雑さが増します。例えば、移行するデータの量を半分にすると、移行の計画と実行に大きなメリットがあることは明らかです。コスト、リスク、および完了までの時間がすべて削減されます。移行されるビジネスに関係のないデータの量を理解することで、移行する前に、ある程度のクリーンアップを行うかどうかの決定を下すことができます。

次のステップ

こちらのソリューションをご希望のお客様はアカウントマネージャまたはプロフェッショナルサービスチームにお問い合わせください。