不要なIT関連ファイル

不要なIT関連ファイルの特定と削除

古くなったIT関連ファイル(インストーラ、ディスクイメージ、アプリケーションログ、データエクスポート、データベースバックアップなど)を保持すると、組織に不要なコストがかかり、また不要なリスクにさらされます。 保持するファイルの数が多いほど、コストとリスクが大きくなります。

Northern Software Solution (NSS)は、これらの共有フォルダを特定し、それらを削除できるようクリックスループロセスを提供できます。 Northernは、地理的に離れた地域全体で、複数のプラットフォーム(従来のオンプレミスファイルストレージ、クラウドやExchange Onlineなど)を含む、非常に大規模なデータフットプリントを解析できます。

不要なIT関連ファイルを削除すると、組織にとって次のことが可能になります。

  • 情報とインフラストラクチャのセキュリティ向上
  • 規制上のリスクにさらされる可能性の軽減
  • 社内ルールへの準拠を改善
  • コストの削減、リソースの使用効率の向上
  • マイグレーションとトランスフォーメーションの取り組みの複雑さを軽減

Northernは現在、このようなソリューションを、いくつかの世界トップクラスの組織に提供し、これらの価値実現を可能にしています。お客様の環境で構成をスケジュールするには、アカウントマネージャまたはプロフェッショナルサービスチームにお問い合わせください。

このユースケースの詳細(解決方法、その効果、実施方法など)については下記に説明いたします。ご興味を持った方はぜひお読みになってください。


現状

もう不要となったインストーラー、アプリケーションファイル、およびアップグレード時のバックアップが、必要以上に長期間保管されていたり、さらに忘れられている場合があります。

問題

  • 情報漏洩リスクが上昇
    • 不要なファイルには、以下のような情報が含まれる可能性がある
      • 組織のITインフラを侵害するような情報(ログイン資格情報など)
      • コンプライアンス的に問題があるような情報(法律および内部ポリシーの対象となるデータなど)
  • IT予算の無駄遣い
    • 不要なファイルを処理するには、以下のような余分なコストがかかる
      • 余計なデータのバックアップにかかるストレージコスト
      • データの移行時(オンプレおよびクラウド上)に、本来不要な手間と追加コスト

解決・改善方法

  • 大規模ファイルシステム全体で、これらの冗長ファイル、バックアップなどを特定しなければならない
  • 関係者に提示して、さらに必ず彼らがこれらのファイルを見直すよう行動させる
  • 定期的な見直しと都度軽減していくようなプロセスの作成

Northernでは、NSSを利用してこれらの不要なファイルを発見し、整理が可能になります。

想定されるNorthern効果

このソリューションの実施はお客様の最低限の努力で実施でき、以下の効果が想定されます。

  • ファイルサービスの使用効率を改善して、コストを削減
  • ストレージリプレース時の手間とコストを削減
  • ITセキュリティの強化
    • ログイン資格情報など、組織のITインフラの整合性を損なう可能性があるコンテンツを含むような不要なファイルを
      削除することにより、セキュリティを強化アップ
  • コンプライアンスの改善
    • コンプライアンスポリシーの対象になるようなコンテンツを含む不要なバックアップを削除することで、コンプライアンスの
      改善を可能に

実施方法

以下の図面にはNSSを使用して、「不要なIT関連ファイルの特定と削除」のワークフローを表示いたします。

  1. NSSはファイルシステムをスキャンし、ディスクイメージや実行可能などのファイルをピックアップし、その結果をSQLデータベースに保存します。
  2. スキャンが終われば、IT管理者に通知が送られます。
  3. IT管理者がNSSコンソールにログインし、 スキャン結果を確認します。
  4. 不要なデータをインタフェースから直接移動させたり、削除したりできます。

KPI・KRIも導入

条件にマッチした使用容量とファイル数の追跡機能がパッケージに含まれます。これらはKPI・KRIとして使用し、しきい値が超えるとメール通知が自動的に送られるなど設定することが可能です。さらに、時間と共に効果を比較することができます。

ファイルリストが分かりやすくて、右ボタンで簡単にファイルを削除や移動できます。

実施の項目

以下のテーブルでは、目的を満たすために行う項目、各項目にかかる目安時間と担当する者が書いてあります。

項目 かかる時間 担当
1 スキャン設定の設置 0.5時間 Northern
2 スキャンの実行とその結果確認 異なる* 自動的
3 不要なファイルの定義を付ける 1~4時間 お客様とNorthern
4 アーカイブするファイルの隔離場所を設定** 1~4時間 お客様とNorthern
5 不要なファイルの削除や移動 1~2時間 お客様
6 アーカイブや削除したデータの量を図り、業績評価を行う 1時間 Northern
* 1秒毎に約2000ファイルがスキャンされます。1億ファイルがある環境では約14時間がかかります。
** アーカイブ機能をご使用するお客様のみです。

実施要件

コンポーネント 要件
NSS バージョン9.91以降
SQLデータベース SQL Server 2012以降
ソリューションエリア 一元的ファイル・サービス・マネジメント(CFSM)

次のステップ

こちらのソリューションをご希望のお客様はアカウントマネージャまたはプロフェッショナルサービスチームにお問い合わせください。