メールアーカイブの特定と削除

メールアーカイブの特定と削除

多くの組織には、メールアーカイブ、特にPSTファイルを特定して削除する必要性が非常にあります。

データを移行する際、余計なコストが発生

多くの会社がMicrosoft Office 365、OneDrive、およびExchange Onlineの採用を選択している今、保管しているPSTファイルを発見し処理する(削除、Exchange Onlineアーカイブに吸収など)必要性は一般的です。ファイルが非常に大きい可能性があり、ほとんどの場合、ユーザが作成した古いバックアップであります。さらに、アクティブなPSTファイルの同期から生じるネットワークトラフィックは、接続に大きな負荷をかける可能性もあります。

経済的および評判上の損害のリスク

メールアーカイブには、非常に機密性の高い情報が含まれている可能性があります。これらの情報は組織に損害を与えようとする人々にとって狙い所になります。エスピオナージ、盗難、偶発的または意図的な開示など様々な悪意行為が考えられます。リスクを認識して対応するために、多くの組織は現在、メールアーカイブファイルの使用を停止するための指令を導入しています。これらのポリシーを監視し、コンプライアンス違反に注意する必要があります。

サクセスストーリー

米国の大手金融サービス会社がM365への移行に備えて、このソリューションを適用してからPSTファイルの総数を97%削減した事例については、ここをクリックしてください。

次のステップ

こちらのソリューションをご希望のお客様はアカウントマネージャまたはプロフェッショナルサービスチームにお問い合わせください。