ファイルサービス使用のコストを配分する

ファイルストレージの使用に基づいた、信頼性が高く、かつ統合された請求システムは、サービス指向のITインフラストラクチャを採用している組織においては、不可欠であると言えます。

またサービスプロバイダにとっては、そのビジネスモデル上、エンドユーザが請求される根拠、またはファイルサービスの使用の計算方法が正確で、かつ分かりやすい、透明化されている能力を持つことは基本的要件となると言えます。

自動化され統合された方法で、グループ、部署または顧客によるファイルサービスの使用レベルを計算する機能は、請求システムの基盤となります。コストの原因を説明した、非効率的な使用領域をハイライトした情報に、セルフサービスで各自がアクセスできれば、プロバイダと顧客との間で透明性をもたらします。これらの2つの機能を組み合わせることで、組織は、サービス提供に対して効果的に請求し、サービスユーザとオープンで協力的な関係を維持することができます。

Useful Resources

財務部門

ファイルサービスを使用するための内部課金は、そのサービスをより効率的に使用するための強力な動機付けとなります。 より厳密に管理されたデータフットプリントがあれば、財務の甚大な被害リスクを軽減します。

ビジネスユーザ

請求書と併せてファイルサービス使用状況に関する情報へのアクセスを提供し、アクションを促進させることで、コラボレーション関係の基盤を作成します。

IT管理部門

実際には課金を行わずに、本来のサービス利用コストを公開すると、多大な投資をして変更を管理せずに、効率的なファイルサービスの使用を促進する有益なインセンティブが得られます。

ストレージ管理部門

ファイルサービスの使用を自動的に統合して計算することで、公平で透明性が高く、費用対効果の高い方法で料金を請求することができます。

Northern Parklife icon

Let’s take control over your data management

We accelerate the goals of growth stage companies by providing the expertise and experience they need to hit their next stage of growth faster.

ファイルサービス使用を理解し、コスト削減をご希望ですか?

ファイルサービスの使用のために内部課金を使用する組織、または部門が公共またはプライベートクラウドサービスに加入している状況では、請求書とサービス利用のインサイトを照合できることは、オンデマンドサービスを理解し、 現状のコストをコントロールするため強力な意味を持ちます。

ますます多くの組織が、課金された内部サービスとしてデータストレージを再配置しています。 これにより、ビジネスユーザは、チーム、部署、ビジネスユニットがファイルを作成して保持することについて可視化を得る必要があります。

Northern’s Solution

Northernのセルフサービス・データ・マネジメント(Self-Service Data Management)ソリューション・エリアでは、ビジネスユーザは、グループ、部門またはビジネスユニットが、ファイルサービスをどのように利用しているかを正確に確認することができます。ユーザは、セルフサービスポータルを通じて、関連する履歴情報、使用状況サマリー、トレンド、およびフィルタリングされたファイルリストにアクセスできます。 また、統合されたワークフローで、アクションを実行したり、アクションをキューイングするなどして承認することもできます。

The benefits

提供されたインサイトにより、ビジネスユーザは請求書に対する根拠を得ることができます。 また、非効率な領域を特定して行動を起こす機会を提供します。

  • チームメンバーがデータ量を管理し、将来の請求書を削減し、代かわりの投資予算を解放するよう奨励し、権限を与えます。
  • 部門のニーズを満たすために必要なサービスレベルを確認します。 安価なサービスレベルに移行可能なデータまたはユースケースを特定します。
  • 内部課金システムが、ファイルサービスを使用するための部門コストを正確かつ公平に計算していることを確認します。

ファイルサービスの課金制度を検討していますか?

ファイルサービスを使用に対する課金制度は、効率化をアップさせるためにも貴重なインセンティブであり、また共有サービスまたはサービス配信モデルにおいてビジネスクリティカルな機能でもあります。

ビジネスモデルによって、内部課金や原価報告システム(ショーバック)の導入の背景にあるものが異なります。 ITサービス・プロバイダーまたはパブリック・クラウド・プロバイダーは、顧客にサービス使用を正確に請求し、そのサービスに価値を継続的に付加したいと考えています。 一方、共有サービスモデルを使用している組織では、単にサービス提供のコストを回収することができます。 また他の組織では、ファイルサービスの効率的な使用を奨励する方法として内部課金が検討されています。

Northern’s Solution

Northernの ファイルサービスのコスト配分(File Service Cost Distribution)ソリューション・エリアでは、ITリソースへの依存度が低いワークフローを提供し、サービス使用状況を正確に反映する防御メトリックを使用し、顧客がセルフサービスポータルで料金の根拠を確認できるようにします。

The benefits

顧客単位、部署または事業単位によるサービス使用を厳密かつ繰り返し計算し、使用メトリックを請求システムに自動的にフィードする機能により、財務部門はファイルサービスの使用に対して、効率的で正確な課金または表示システムを確立できます。

  • 共有サービスモデルでは、サービス提供と継続的な開発のコストを効率的、公正かつ自動的に回収することができます。
  • 外部顧客にファイルサービスを提供する組織では、請求書とサービス使用情報を照合する機能を提供することで、透明性が高まり、サービス全体に価値がもたらされます。
  • 内部請求またはショーバックは、組織にとってファイルストレージを慎重かつ効率的に使用する貴重なサービスとして扱う強力なインセンティブを提供し、組織の全体的な資本コストと運用コストを削減します。
  • 外部の課金サービスに加入している組織にとって、ファイルサービスの使用状況が確認できるということは、課金の正確性を確認する方法を得られることを意味します。また、組織がサービスの使用方法を改善し、将来のコストを削減することも可能になります。
Contact Us
Contact Us