非効率的なファイルサービスの利用を抑制する

ファイルサービスの使用方法を管理するためのポリシーとプロセスがなければ、既に使われていないデータ(ROT)が蓄積されていきます。

コンプライアンス、ガバナンスおよび監督委員会(CGOC) が実施した調査によれば、組織は、非構造化データのわずか3分の1しかビジネス価値をキープできておらず、「法に沿っている状態」、または「法に沿っていない状態」か、もしくは「状態が混在」しています。これらの結論は、お客様にデータフットプリント解析を提供した経験からNorthernも同意します。

データマネジメントの分野では、データの急速な成長、ますます複雑な規制環境、ハイプロファイルのデータ損失のケース、潜在的なデータ価値に対するリターンを最大限に高めることが重要なモメンタムとなっています。

組織は、ファイルサービスをより効率的に使用したいとの意識から、その機会に関心が高まってきています。

Useful Resources

CDO

価値のあるデータは、データフットプリント全体で失われることはありません。組織は、データドリブンの機会を特定して、把握するための準備を整えるべきです。

IT Senior Management

 IT組織は、より確実にファイルサービスの継続的な開発の収益を最大化できることを保証できます。 Read More

データガバナンス

データの品質を理解し、改善するための取り組みがシンプルになります。標準を実施するためのイニシアチブは、処理されるデータの量に左右されません。

ILM

低レベルのコンテンツ分析のコストと複雑さが軽減され、非構造化データに電子記録管理システムを適用する組織の能力が向上します。

Finance

インフラストラクチャの投資と変革/移行および運用コストを最小限に抑えることができ、既存システムの寿命を延長できます。

ストレージ管理

データ・マネジメントのイニシアチブにビジネスユーザを関与させることで、効率的なファイルサービスの長期的な使用に向けた文化へのシフトが促進されます。

ビジネスユーザ

ビジネスユーザの敏捷性が向上しました。効率的ファイル検索ができ、同じことを重複して行う労力をなくし、結果、機会を逃すことはありません。

Northern Parklife icon

Let’s take control over your data management

We accelerate the goals of growth stage companies by providing the expertise and experience they need to hit their next stage of growth faster.

ROTで隠れてしまった価値あるデータ?

組織内に存在する情報が潜在的にどのような価値を持っているのか、そしてそれをふんだんに活用するためには、蓄積されている情報の種類を深く理解することが必要です。DXへの流れで、最近「チーフデータオフィサー」として「最高データ責任者」を設置する組織が目立ってきています。

確実にデータを理解するためには、データ処理、データ分析、データマイニングなどの技術が必要です。言い換えると、その組織が自分の非構造化データフットプリントを照会する能力があるかどうかにかかっています。

ファイルサービスが非効率的に使用されている状態、例えば、余分で古くなったデータ(ROT)が蓄積すると、不要なデータの不要な処理に余分な労力がかかり、結果、組織データの処理、分析、マイニングの能力が大幅に低下します。

Northern’s Solution

Northernは、ROTの識別と軽減に役立つさまざまなオプションをご用意しています。また、効果的に組織文化を適応させ、これ以上のROT蓄積を防止するプロアクティブなワークフローの可能性を提供します。

Northernでは、データが蓄積するスピードを緩和しなければならない課題に対して、一元的ファイルサービス・マネジメント(Centralized File Service Management)セルフサービス・データ・マネジメント(Serlf-Service Data Management)のソリューション・エリアを推奨しています。

The benefits

大量のROTデータの識別とそれを削除するかどうかを判断することは、非構造化データフットプリントのスキャンと分析を含んだすべてのプロセスで、メリットがあります。具体的には、以下のポイントがあげられます:

  • 大量のファイルを低レベルで分析すると、時間が非常にかかってしまうことがあります。データフットプリントの純粋なメタデータベースレビューを実行し、このレビューによって、より小さなデータフットプリントで詳細な分析にフォーカスすれば、組織は短い時間で情報の価値を判断することができるようになります。
  • 一般的がソフトウェアおよびサービスを利用して非構造化ファイルを分析する場合、すべてをスキャンすることに重きを置いていることが多いです。最初にデータフットプリントを削減することで、即大きな効果を得ることができます。
  • ファイルシステムが明確で、容易なナビゲートがあり、古くて無関係なファイルが整理され、かつ適切に維持されていれば、とてもシンプルにデータの価値を理解することができます。これにより、チームと組織の敏捷性が向上し、労力の重複が軽減されます。

インフラ投資を保護する必要がありますか?

定期的にインフラを更新することは、必要な移行および統合プロジェクトとしてファイルサービスの提供および継続的な開発の重要な部分な部分を締めます。インフラストラクチャに投資し、そのインフラストラクチャを稼働させるために必要な作業を実行したあとは、その使用をユーザ側にガイドすることが不可欠です。

Northern’s Solution

Northern は、実際のストレージの使用を意図した使用に合わせるために、さまざまな機能を提供することができます。 IT組織のシニアメンバーとして、ストレージインフラストラクチャの使用方法の分析にアクセスして、これらのうち、どのコントロール/ガイドのオプションを採用すべきか、またどのように最適な構成にするかを決定することは重要です。

Northernの 一元的ファイルサービス・マネジメント(Centralized File Service Management)ソリューション・エリアでは、組織内に存在する特定の課題を対象とするポリシーとワークフローの実装、そしてチューニングをガイドし、インフラストラクチャへの投資に対するリターンを最大限に引き出すことができます。

The benefits

ファイルサービスが、どのように使用されているかを理解する能力によって、IT部門のシニアメンバーは、インフラストラクチャへの投資に対するリターンを最大にするための情報に基づき、具体的な決定を下すことができます。

  • 非効率的なファイルサービスの使用が一般的です。 これらの投資がどのように使われているかを理解することなしに、継続的インフラへ投資することは長期的な戦略とは言えません。
  • 非効率的なストレージ使用の特定と修復をすることで、インフラストラクチャの寿命が延び、投資回避の機会を得ることになります。
  • 過去の投資がどのように利用されているかを具体的に示す能力によって、新しい予算の議論に重要なインプットが提供されます。
  • 非効率的な領域を公開し、この準最適な使用がもたらす影響を数値化することで、IT部門はファイルサービスの使用方法を管理するポリシーを実装するための、より広い権限を確保できます。
Contact Us
Contact Us