メールアーカイブの特定と削除

メールアーカイブ、特にPSTファイルを特定して削除するニーズは、多くの組織に共通するでしょう

概要

データを移行する際、余計なコストが発生

多くの会社がMicrosoft Office 365、OneDrive、およびExchange Onlineの採用を選択している今、保管しているPSTファイルを発見し処理する(削除、Exchange Onlineアーカイブに吸収など)必要性は一般的です。ファイルが非常に大きい可能性があり、ほとんどの場合、ユーザが作成した古いバックアップであります。さらに、アクティブなPSTファイルの同期から生じるネットワークトラフィックは、接続に大きな負荷をかける可能性もあります。

経済的および評判上の損害のリスク

メールアーカイブには、非常に機密性の高い情報が含まれている可能性があります。これらの情報は組織に損害を与えようとする人々にとって狙い所になります。エスピオナージ、盗難、偶発的または意図的な開示など様々な悪意行為が考えられます。リスクを認識して対応するために、多くの組織は現在、メールアーカイブファイルの使用を停止するための指令を導入しています。これらのポリシーを監視し、コンプライアンス違反に注意する必要があります。

Success Story

A large American Financial Services company, in preparation for migration to M365, applied this solution to reduce their total number of PST files by 97%!

More of what we deliver

リスク軽減

情報漏洩、サイバー攻撃、データプライバシー保護規制―あなたの組織のデータには必ず機密情報が含まれています。

コスト削減

組織のデータの保管には見えにくい費用も考慮すると相当コストがかかります

効率向上

データが混とんとしているとデータの所有者や使用者の効率も下がります

企業責任・CSR

社内外に関わらずITサービスにはCSRの促進機能を組み込む必要があります

Northern Parklife icon

Get started

If you wish to start using NSS to identify and remove email archives, please contact your Account Manager, or the Professional Services team to get assistance in configuring your deployment.

Contact Us
Contact Us