マイクロソフトCopilotの展開に伴い、データガバナンスが再び注目

企業向けAIは、情報のマイニングとアクセシビリティのソリューションとも言えます。ひとたびユーザーの手に渡れば、アクセス可能な膨大なファイルの中から、見つけたいと思うあらゆる機密情報が、質問ひとつで簡単に入手できてしまうことを認識していますか?

例えば「Aさんの2022年の年収はどのくらいか」をのぞき見するといった人事部にとってはかなりの悪夢になりうるインシデントから、「プロジェクトXの仕様はどうなっているのか」といった組織の知財に関わる情報が漏洩するということまで。

リスクを理解する:

このComputer Worldの記事で、Gartner社のアナリストであるAvivah Litan氏は、Copilotの導入に関連する2つの主要なビジネスリスクを強調しています。

1つ目は、Copilotが「幻覚」を見たり、誤った情報をユーザーに提供したりする不安なリスクである。

2つ目の主なリスクは、組織内の誰もがCopilotを使用して、企業のM365環境内のファイルやデータからあらゆる質問の答えを見つけることができる場合に発生します。

この記事では、「SaaS環境でホストされているファイルの10個に1個は、すべてのスタッフがアクセスできる」と指摘していますが、Northern社の経験から、この想定はは保守的だと考えます。

アクションを起こす:

Microsoft Copilotのような生成的AIソリューションの導入は、情報セキュリティとファイルデータガバナンスに体系的にアプローチする一歩の一例にすぎません。

Northernでは、データガバナンスに対応するためのツールと専門知識をお客様に提供しています。

Northernにご相談ください。ご一緒にお客様の組織にぴったりあったファイルデータの課題をプロアクティブに管理する旅に出発しましょう!

Contact Us
Contact Us