Northernの目指すところ

Portal_About

組織で働く人々が毎日生成するデータを管理していますか?

情報は組織の重要な資産の1つですが、資産であるだけでなく、負債でもあります。通常、組織が保持するデータの80%は半構造化・非構造化データであり、人々が作業して他の人と共有する情報です。

もちろん、他の資産または負債と同様に管理する必要があります。

世界中の多くの組織では、まだそれが出来ていないようです。

半構造化および非構造化データのリポジトリは、デジタル化が進むにつれて有機的に急速に成長します。組織内の人々は、情報を共有および保存するために追加の種類のテクノロジーを採用しているため、大きな効率が達成されます。

しかし、世界中の企業と協力した経験からいうと、データを実際に制御できる組織はほとんどないことをNorthernは知っています。個人、および場合によっては一部のプロジェクトやチームがデータを制御した可能性がありますが、組織全体のデータを管理する機能を持っているところはありません。

その結果、企業は不必要なリスクにさらされ、お金を無駄にしてしまいます。忘れてはならないのは、この重要な資産の価値を十分に享受できないことです。

Northernの目標は、世界中の組織が半構造化・非構造化データを管理できるようにすることです。

Northernがフォーカスするのは、半構造化・非構造化データに関してお客様が直面している多くの課題を理解し、ソフトウェアと独自の専門知識を併せて世界中の企業に提供し、データを確実に管理することです。いってしまえば、これ以外は何もしません。

お客様のニーズに対するNorthernのソリューションNorthern Software Solution(NSS)は、お客様のさまざまなデータリポジトリをこえて対応します。データの保管場所がファイル共有や、オンプレでもクラウドでも対応します。

お客様がリスクとコストの削減を達成し、貴重なデータを見つけるまで、Northernはとことんお付き合いします。

ほとんどの組織は過去30年間ほどデータを管理されていないため、急に分類しようとしても、それ以前にどんなデータがあるのか理解し、何が必要で何が必要でないかを判断するだけでもかなりの努力と成果です。

そもそも、データ管理の結果は、目に見えて自動化するまで長期的な観点を必要とします。長期的に繰り返し行うことで、リスクとコストは継続的に繰り返し評価され、さらに不要なものは削減されていきます。最終的に落ち着くところは、重要なデータは適切に適切な保管場所に保管されることを認識し、関係者が適切に利用できるようになる状態をキープするというところです。

ちなみにこのプロセスは簡単だとは言いませんが、Northernは、時に資産であり、また負債にもなりうるお客様のデータを、お客様自身が管理できるようにお手伝いさせていただきます。

ユーザデータをコントロールし、組織内のコストやリスクを軽減、快適で自信のあるデータ管理の旅を是非ウォークスルーからご覧になってみませんか?そのほか旅の内容をこちらから、そして是非Northernにお問合せください。