非効率的なファイルサービスの使用を抑制する

BusNeeds_CurbIneff

ファイルサービスの使用方法を管理するためのポリシーとプロセスがなければ、既に使われていないデータ(ROT)が蓄積されていきます。

コンプライアンス、ガバナンスおよび監督委員会(CGOC) が実施した調査によれば、組織は、非構造化データのわずか3分の1しかビジネス価値を保持しておらず、法に沿っている状態、または法に沿っていない状態か、もしくは状態が混在しています。これらの結論は、主要顧客向けにデータフットプリント解析を提供したノーザンの経験でも支持されています。

データマネジメントの分野では、データの急速な成長、ますます複雑な規制環境、ハイプロファイルのデータ損失のケース、潜在的なデータ価値に対するリターンを最大限に高めることが重要なモメンタムとなっています。

組織は、より効率的に使用されるファイルサービスによって提示される機会について理解し始めています。

Northernの 一元的ファイルサービス・マネジメント(Centralized File Service Management)分散型データ・マネジメント(Distributed Data Management) を使用して、非効率的なファイルサービスの使用を抑制する方法をご紹介します。

CDO: 価値のあるデータは、データフットプリント全体で失われることはありません。組織は、データドリブンの機会を特定して、把握するための準備を整えるべきです。 Read More
データガバナンス: データの品質を理解し、改善するための取り組みがシンプルになります。標準を実施するためのイニシアチブは、処理されるデータの量に左右されません。
ILM: 低レベルのコンテンツ分析のコストと複雑さが軽減され、非構造化データに電子記録管理システムを適用する組織の能力が向上します。
ファイナンス: インフラストラクチャの投資と変革/移行および運用コストを最小限に抑えることができ、既存システムの寿命を延長できます。
IT Management: IT組織は、より確実にファイルサービスの継続的な開発の収益を最大化できることを保証できます。 Read More
ストレージ管理: データ・マネジメントのイニシアチブにビジネスユーザを関与させることで、効率的なファイルサービスの長期的な使用に向けた文化へのシフトが促進されます。
ビジネスユーザ: ビジネスユーザの敏捷性が向上しました。効率的ファイル検索ができ、同じことを重複して行う労力をなくし、結果、機会を逃すことはありません。