コンプライアンスとデータ保護の向上

BusNeeds_Complianceサイバー攻撃の脅威が加速し、急速に規制環境が厳しくなるに従って、データ保護とコンプライアンス戦略がビジネス上でクリティカルな決定に変わってきています。

組織内で最もカオスであり、流動的な情報リポジトリである非構造化データは、同時にデータ保護とコンプライアンスチームにとっては最も重要であり、かつ最も管理しにくいものです。

非構造化データフットプリント全体を最初に分析する能力は、絶対的な要件であり、またその能力があれば重要な技術課題を検討できる可能性があります。このデータを、記録/非記録、IP /公的機関、職員/クライアント/下請け業者PII、保持期間内外などに分類することができるため、組織は次のステップを実行することができます。これらのデータカテゴリの適切な保守と管理を、ユーザー集団の実務に統合することで、保護された、またコンプライアンスに沿ったファイルサービスを確立するプロセスを完了することができます。

非構造化データフットプリント全体でしっかりしたデータコンプライアンスと保護プラクティスを確立することは法的要件です。

情報ガバナンスとコンプライアンス(Information Governance and Compliance)ソリューション・エリアでコンプライアンスとデータ保護を向上させる方法をご紹介します。

データ保護: 非構造化データリポジトリの現在の内容を明確に理解することは、「一般データ保護規則」の導入準備のための確固たる基盤を形成します。 Read More
データコンプライアンス: データコンプライアンス:コンプライアンスのステータスの定期的な監査だけでは不十分です。 組織は継続的なコンプライアンスを達成するために努力しなければなりません。継続的にリスクを監視し、ステークホルダーには継続的に情報を提供します。 Read More
ILM: テクノロジがサポートされたワークフローによって、構造化データに成功裏に適用される記録管理システムが、非構造化データにも同様に適用されます。
IT管理: 適切なワークフローの実装と継続的な監視により、高価なソース集約型の外部サービスを予期せず購入する必要とせずに、監査要求を効率的に満たすことができます。